公開日 : 2022年10月18日(火)

最終更新日 : 2022年10月4日(火)

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

【注文住宅vs建売住宅】価格差はどれくらい?

自由度が高い注文住宅よりも、すでに出来上がっている建売住宅を購入したほうが費用は抑えられます。
とはいえ、注文住宅と建売住宅にそれほど価格差がないのなら、あこがれの注文住宅を購入したい方もいらっしゃるでしょう。
注文住宅と建売住宅の費用相場をご紹介し、価格差がどれくらいあるのかを検証したいと思います。

注文住宅とは?

注文住宅とは、外装や内装および間取りを自分の希望通りに作ってもらう住宅のことです。
通常は工務店やハウスメーカーへ依頼し購入しますが、自由度が高ければ高いほど費用がかかる傾向にあります。

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅のメリットとデメリットには以下が挙げられます。

【メリット】
・外装や内装、建物の間取りを自分の希望通りに設計してもらえる

【デメリット】
・費用が高い傾向にある
・場合によっては土地から探して購入する必要がある
・完成して住めるようになるまで時間がかかる

注文住宅の費用相場

注文住宅は、土地代も考慮する必要があります。
土地代の費用相場は、東京都で約200万円/坪で、近頃人気が急上昇している福岡県は約30~50万円/坪です。
また注文住宅の建設費用相場は、3,000万円ほどとお考え下さい。

建売住宅とは?

建売住宅とは、土地と建物がセットになって販売されている新築分譲住宅を指します。
完成品が販売されている場合もあれば、まだ工事途中で、完成予定の建物を見て購入する場合もあります。

建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅のメリットとデメリットには以下が挙げられます。

【メリット】
・購入費用が抑えられる
・購入価格が明確
・土地とセットになって販売されているため、住めるようになるまでの時間が短い

【デメリット】
・外装や内装、建物の間取りの自由度が低い
・工事の過程が見られないため、手抜き工事をされている場合がある

建売住宅の費用相場

健売住宅は土地とセットで販売されていることがほとんどなため、土地代は考慮しません。
そのため健売住宅の費用相場は約3,000~4,000万円です。(手付金など、そのほか購入に必要な金額は考慮しておりません)

注文住宅と建売住宅の価格差

土地代を含めた注文住宅と健売住宅の価格差は、約1,000万円です。
しかし地方なら土地代が安いため、東京以外に住むのなら、注文住宅の購入を検討してもいいのではないでしょうか?
注文住宅なら自分にとって理想の家が建てられるため、おすすめです。

まとめ

注文住宅と建売住宅の費用相場や価格差をご紹介しました。
建売住宅の方が費用は抑えられ、住めるようになるまでの時間も短いです。
しかし建物の自由度は注文住宅の方が高く、工事の過程も見られるため手抜き工事を事前に防げる可能性が高いです。
このように注文住宅と建売住宅のどちらかを選ぶ際には、価格差だけではなくそれぞれのメリットとデメリットも考慮したほうがいいでしょう。

関連記事

RELATED ARTICLES