注文住宅のお風呂をつくるポイント!素敵なお風呂で癒しの空間を

お風呂は、癒しと安らぎを与えてくれる大切な空間です。
ジャグジーやガラス張りのお風呂など、注文住宅なら理想のお風呂が作れます。
そこでお風呂の内装を考慮する際、おさえるべきポイントについて解説します。

注文住宅で設置できるお風呂の種類

注文住宅のお風呂について考える際、主にユニットバスか現地施工かを選びます。それぞれのメリットとデメリットを理解し、予算と相談して決めましょう。

ユニットバス(システムバス)

ユニットバスとは、浴室の天井や壁、床や浴槽などがセットになっており、現場で組み立てるタイプのお風呂です。システムバスもほぼ同じ意味で使われています。また1〜3点のユニットバスがあり、1点は浴室のみ、2点は浴室と洗面台、3点は浴室と洗面台とトイレがセットになっています。

防水性に優れ、費用が抑えられるメリットがありますが、追い焚き機能など設備の後付けが難しい場合があります。

現地施工(在来工法)

現地施工とは、現在の住宅のスペースを使い、防水性を保ちつつモルタルやタイルなどで仕上げるお風呂です。在来工法とも呼ばれます。

タイルの他にも桧や大理石など、材料を自由にカスタマイズできるメリットがあります。一方で掃除が大変だったり、ユニットバスに比べて防水性に劣ったりする場合があります。

注文住宅で考慮するお風呂の詳細で考慮するポイント

お風呂は体を休めるための空間なので、好きなインテリアを置いたり、便利な設備も考慮しましょう。

窓の取り付け

浴室への窓は、取り付けない方が工事費用が抑えられます。
しかし窓を取り付けることで空気の入れ替えが可能になったり、朝日が差し込みスッキリとした朝風呂が楽しめたりします。
また天井に取り付けると、開放感があり、空を眺めながらのお風呂タイムが過ごせます。

お風呂の広さ 

快適なお風呂タイムのためには、浴槽の広さも大切です。
一人暮らしまたは子供がいる家庭において、浴槽は主に以下の広さに設定するのがおすすめです。

足を伸ばしてくつろげる、親子入浴も十分に可能 幅約160~180cm
ある程度ゆったり入れる
(身長170cm前後の方は少し足を曲げるほど)
幅約120~150cm
足を少し曲げる必要がある 幅約120cm未満

まとめ

注文住宅のお風呂について、考慮すべきポイントを解説しました。
費用が抑えられるユニットバスは、デザイン性や機能性に優れているため、多くの人が選択します。しかし設備の後付けが困難な可能性があるため、機能を自由にカスタマイズしたい人は現地施工をおすすめします。

注文住宅の購入やお風呂の施工についてお悩みの方は「森下技建」までお気軽にお問い合わせください。