注文住宅の後悔しないキッチンの間取りと決め方

注文住宅を購入するにあたり、料理好きならキッチンのこだわりは外せません。
しかし理想と現実は異なる場合があり、良かれと思って設計・設置したものの、今一つ使い勝手が悪い、または生活上における盲点により、理想のキッチンになるはずが失敗してしまったケースもあります。
過去の失敗事例をご紹介するため、これから注文住宅を購入する方は参考にしてみてください。

注文住宅のキッチンで後悔したこと5選!

注文住宅で施工してもらったキッチンで、思わず失敗してしまったと感じた事例を5つご紹介します。

コンセントの位置が悪い

料理の手間をなくしてくれる、便利な調理家電がたくさんあります。
そのためコンセントが少なかったり位置が悪かったりした場合、便利な場所へ家電が置けず、ストレスを感じるでしょう。
炊飯器・冷蔵庫・電子レンジ・ミキサーだけでも4つのコンセントが必要です。
複数の家電を使いこなしたい方は、コンセントは多めに作ってもらったほうがいいでしょう。

戸棚の使い勝手が悪い

調理器具や調味料を収納するスペースの広さや、使い勝手は重要です。
特にキッチンの上部や頭の上へ収納できる戸棚は、高すぎる位置にあると、物の出し入れをするたびに踏み台が必要だったり、奥行きがありすぎて収納したものが取り出しにくかったりする場合があります。

上部の戸棚が昇降するタイプの戸棚なら、背伸びしたり踏み台を持ってきたりしなくても、簡単に収納部分を取り出しやすい位置まで降ろせるため便利です。

キッチンの高さが身長にあっていない

コンロや水回りの高さが低すぎても高すぎても、調理中に大きなストレスを感じてしまいます。
身長と比較して低すぎるために、腰を痛めてしまった方もいらっしゃいます。
キッチンは、身長のー75cmくらいの高さに設定するのがおすすめです。

食洗機が小さい

キッチン台の下に、食洗機が付属しているタイプがあり、家事の大幅な時短に役立ちます。
家族が多い場合は、食事のたびに大量の洗い物が出るでしょう。
にもかかわらず少量しか入らない食洗機は、繰り返し作動させなければならず、食器を取り出す手間や光熱費もかさみます。

そのため付属しているにもかかわらず、あえて大きな食洗機を購入した方もいらっしゃいます。
どれだけの大きさの食洗機があれば快適に使用できるのか、ある程度のサイズは考えておきましょう。

まとめ

注文住宅で、思わず後悔してしまったキッチンの導入例をご紹介しました。
料理が好きな方なら、調理中に動きやすく、収納スペースが豊富なキッチンが一番です。
これらの事例に学び、後悔しないキッチンづくりを始めましょう。

キッチンおよび、注文住宅に関するご相談なら、ぜひ「森下技建」までお気軽にお問い合わせください。