注文住宅をお考えの方必見!後悔・失敗しない家づくり

デメリットや不満がひとつもない家は、残念ながら少ないでしょう。
実際に住んでみなければわからないこともあります。
とはいえ、過去に注文住宅を購入して住んだ先輩たちの声を聞くことで、少しでも失敗や後悔が減らせるのではないでしょうか?

【過去の事例から学ぶ】注文住宅における後悔・失敗3選!

注文住宅において「失敗した!」「後悔した!」との声が多い案件を3つご紹介します。

収納スペースが足りない!

玄関やキッチン、とりあえず物を置くための部屋など、収納の広さに後悔を覚える方が多いようです。
理由は子供が産まれた、または子供の成長時に物が増えることを予想できなかった、などが挙げられます。

また子供がいない場合でも、引っ越し当時は物が少なくても、ライフスタイルの変化に伴い趣味や人付き合いが増え、同時に物も増えたケースもあります。
収納スペースを考える際、現時点で必要なスペースではなく、より余裕を持たせたスペースで考えるのがポイントです。

生活音が気になる!

購入した注文住宅で暮らすと、どうしても生活音や騒音の問題が起きます。

家の中では、トイレとリビングを近くに配置したため、来客時にお手洗いの音が気になる。
夜遅くに帰宅しお風呂に入る人がいるにもかかわらず、子供の寝室を近くに配置してしまい、水音が気になって眠れない。

などの事例があります。

音の問題と聞くと、どうしても外部の騒音やご近所トラブルをイメージしますが、家の中における生活音にも注意が必要です。

庭・バルコニーの維持管理が手間!

庭・バルコニーは、癒し空間として人気の場所です。
またお子さんがいる家庭なら、夏にはプールを出したりバーベキューを楽しんだりできるでしょう。

しかし庭やバルコニーを管理する手間が予想以上にかかることから、広いスペースを作ったことに後悔する方もいらっしゃいます。
例えば草が生えたお庭なら、草むしりや掃除が必要でしょう。
草が生えていなくても、外の風にあたるため枯葉やゴミの掃除も欠かせません。

特に普段は仕事で忙しい共働き世帯にとっては、せっかくの休日を庭やバルコニーの掃除に当てざるを得ない、または体力的にきついと感じる方がいらっしゃいます。

まとめ

注文住宅で失敗・後悔しないためのポイント、実際にあった注文住宅の後悔・失敗例をご紹介しました。

一生に一度の大きな買い物ですから、できるだけ失敗や後悔はしたくありません。
とはいえ、慎重に考えてプランを立てても、実際に暮らして初めてわかることも多いでしょう。
そこで過去の事例を知ることで、少しでも失敗や後悔を避けることはできます。

それぞれの家庭に寄り添ってくれる、相性のいいハウスメーカーをお探しなら、「森下技建」へお気軽にお問い合わせください。
注文住宅において、それぞれの家庭に見合ったプランの提案、疑問点の解決を行います。