注文住宅における開始から着工までの流れ決定版

注文住宅を購入する際は、住みたい場所探しや理想の家のプランニングなど、夢が膨らむものです。

一方で、土地探しや契約において注意したほうがいいポイントもあります。

実際に、住宅を建てる土地探しから、住宅工事に着工するまでの段階と注意点を簡単にご説明します。

着工までの流れを確認する際の参考資料としてお役立てください。

□土地探し&資金の調達

初めに、住宅を建てる土地を探します。

探す際、以下のポイントを抑えつつ検討するといいでしょう。

・土地の相場と自身が捻出できる資金の予算とのバランス

・近隣に医療機関、商業施設、金融機関、教育機関(お子さんがいる場合)が整っているか

・朝と夜における人通りや交通量

希望する土地は必ず内覧し、周りの状況を実際に目で見て確かめます。

また今後も含めた自身の年齢や収入、用意できる頭金やローンの返済期間などを考慮し、借入可能な金額を算出します。

算出して出した金額に見合う土地を探しましょう。

無理な返済計画による土地の購入は禁物です。

□土地の契約と購入

土地を決めたら契約して購入手続きを行いますが、契約前に「地盤調査」を行うことをおすすめします。

というのも地盤が弱い場合、地盤の補強対策のために追加で費用がかかり、思わぬ出費につながる場合があるためです。

また購入する土地と近隣の土地との境界線もはっきりさせておきましょう。

実際に不動産売買契約書には「現地において本件土地の境界点および境界線を明示しなければならない」という条文が記載されています。

□注文住宅のプランニングと工事請負契約など

土地を決めて購入したら、自身が住みたいと考える住宅の外見や間取り、建物の向きなどを決めます。

自身が立てたプランニングが実現可能かどうか、ハウスメーカーや工務店とじっくり相談しましょう。

また設計図をもとに見積書を出してもらえるため、自身の予算と相談しながら調整します。

建物の設計が定まったら、建築業者と建物の「工事請負契約」を結びます。

□着工(地鎮祭)

工事の安全祈願、および住人が安心して生活できることを祈るため、地鎮祭(じちんさい)を行います。

地鎮祭後、建物の大きさや配置を確認するために敷地内に縄をはり、工事に着工します。

□まとめ

土地を選ぶところから建物の工事に着工するまでの流れをご紹介しました。

土地も住宅も無理なローン返済計画は、住宅完成後の生活を圧迫させる可能性があるため控えましょう。

注文住宅のプロに相談すれば、自身の年収や予算から最適なプランを提供してくれます。

また「森下技研」なら、予算に見合った土地の提案から工事の着工まで一括してお任せいただけます。

初めての注文住宅購入で不安に感じる場合は、ぜひお気軽にご相談ください。