注文住宅をご希望の方必見!本体価格以外にかかる費用について詳しく解説します!

注文住宅をお考えの方で、かかる費用の内訳を詳しく知りたいとお考えの方は多いでしょう。
そこで今回は、住宅購入時の費用の内訳と本体価格、別途工事費、諸費用以外にかかる費用を紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□ 住宅購入時の費用の内訳をご紹介!

住宅購入時の費用は、本体価格が75から80パーセント、別途工事費が10から15パーセント、諸費用が5から7パーセントとなっています。
それぞれ解説していきます。

まず、本体価格は、仮設工事、基礎工事、木工工事といった基礎の部分や構造をつくる工事にかかる費用を指します。
断熱材の取り付けや窓の設置、配線工事も本体価格になります。

例えば、本体工事費が1000万円の場合は、本体価格以外にかかる費用が、250万円から350万円ほどであることを予想して計画を立てておくと良いでしょう。

次に、別途工事費は、お庭やガレージ建設などのエクステリア工事、水道やガス管をお家に引き込む工事、照明やカーテンにかかる費用を指します。

最後に、諸費用は、注文住宅を建てる際にかかる手数料や印紙代などの税金関係の費用のことです。
こちらは、現金で支払うことが多く、プランや契約内容により料金が異なってきますので、多めに見積もって10パーセントほど用意しておくと安心です。

□本体価格、別途工事費、諸費用以外にかかる費用を4つご紹介!

1つ目は、仮住まいにかかる費用です。
建て替えを行う場合は、仮の住まいを用意する必要がありますよね。
その際には、家賃や住宅保険料などが仮住まい費用としてかかります。

2つ目は、引っ越しにかかる費用です。
建て替えの場合、元の家から仮住まいに引っ越し、仮住まいから新居に引っ越すため、2回分引っ越しに費用がかかります。

3つ目は、式祭典にかかる費用です。
上棟式や地鎮祭を行う場合、それらにかかる費用の用意も必要です。

4つ目は、手土産代金や電話料金です。
工事に取り掛かる前や、引っ越しの際に近隣の方への挨拶することが一般的ですよね。
その際にかかる手土産の費用も考えておくと良いでしょう。
また、ケーブルテレビやNTTなどの電話工事代もかかってきますので、そちらも念頭に置いておくと良いです。

□まとめ

今回は、住宅購入時の費用の内訳と本体価格、別途工事費、諸費用以外にかかる費用を紹介しました。
当社では資金計画を立てる際に、もてる知識を存分に活用し、お客様をサポート致します。
資金計画でお困りごとがある際にはお気軽にご相談ください。