注文住宅の土地探しにお困りの方へ!方法と注意点をご紹介します!

注文住宅を検討している方で土地の探し方や土地を選ぶ際にどこを確認すべきかわからない方もいらっしゃると思います。
そこで、今回は注文住宅の土地探しの方法や、土地を購入する際に確認すべきポイントを紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

□注文住宅の土地探しの方法を紹介!

注文住宅の土地探しは大きく分けて3つの方法があります。
1つ目は、インターネットサイトから探す方法です。
お客様の希望のエリアや価格、広さなどの条件が決まっているのであれば、その条件を入力して頂ければかんたんに検索できます。
 
しかし、インターネットサイトだと情報量が多すぎて逆に悩んでしまっているうちに、土地が売れてしまうこともあるので注意が必要です。
 
2つ目は、自分の足でエリアを歩き、「売地」を探す方法です。
売却中の土地の場合、現地に「売地」などと書かれた看板が立っています。
住みたいエリアに足を運び周辺環境を確認しながら看板を探すのも手です。
 
しかし、時間と労力がかかるため他の方法と同時進行で売地を探すことをおすすめします。
 
3つ目は、不動産会社やハウスメーカーに依頼する方法です。
不動産会社には、不動産会社しか利用できないサイトがあり、インターネットサイトよりも豊富な土地情報が集まっています。
さらに、不動産会社ならその物件や周辺施設、環境などの情報についても教えてくれるので、情報を得られる面では良いでしょう。
 

□土地探しで必ず確認すべきポイントを紹介!

土地の形状は正方形や長方形が一般的だと思う方がたくさんいらっしゃいます。
 
しかし、四角形以外にも三角形や並行四辺形、L字状の旗竿地などがあります。
三角形や並行四辺形の土地は、四角形の土地より人気が低いため、リーズナブルな価格で購入できるところが利点の一つです。
こういった土地だと建物の形や間取りが制限される可能性があるので注意が必要です。
 
また、形状だけではなく地盤のゆるさや角度、日当たりも見ておくようにしましょう。
他にも坪数と土地単価、建ぺい率という敷地面積に対する建築面積の割合や容積率など法的な制限も確認することをおすすめします。
 
マイホームを持つにあたって、交通の便が気になりますよね。
土地を買う前に、最寄り駅への距離やバス停の有無についても確認しておくと良いでしょう。
 
電車やバスを使わず車を使用される方も、目の前の道が狭すぎると車が通りにくいので注意が必要です。
また、目の前に大通りが面していると、騒音や交通事故の恐れがあるのでその点も注意が必要です。
 

□まとめ

今回は注文住宅の土地探しの方法や、土地を購入する際に確認すべきポイントを紹介しました。
当社はお客様一人ひとりの意見を真摯に受け止め、最高の住宅を提供します。
何かお困りごとがある際はお気軽にお問い合わせください。