水回りのリフォームの相場とは?注意点も合わせてご紹介します!

「水回りのリフォームの相場が知りたい」
「水回りのリフォームの注意点を知りたい」
水回りのリフォームを検討している方でこのように考えの方がたくさんいらっしゃいます。

そこで、今回は水回りのリフォームの相場と水回りのリフォームの注意点を紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□水回りのリフォームの相場をご紹介!

水回りのリフォームはキッチンリフォーム、浴室リフォーム、洗面台リフォーム、トイレリフォームの4種類に分けられます。
キッチンリフォームはグレードやオプションによって費用が大きく変わってきます。
キッチン全体のリフォームは約50万円から150万円が相場になってきます。
ガスコンロやシンク、蛇口のみのリフォームですと30万円までリフォーム費用を抑えられます。

浴室リフォームはキッチンリフォームと比べると費用差が出にくいリフォームです。
しかし、浴室を全部取り換えたりする場合、100万円以上かかるケースがあります。
浴室の乾燥機を変えたり、手すりを付けたりするなどの一部分を変えるケースですと、50万円以下でリフォームできます。

浴室は湿気が多いため滑りやすく、家の中でも転びやすい場所です。
家庭内に高齢者がいてバリアフリーリフォームをお考えの方はバリアフリーの補助金制度があるので1度調べてみることをおすすめします。

洗面台リフォームはハイグレードを選ぶと100万円近くかかってきますが、一般的なグレードでは約20万円で変更できます。
蛇口の交換や棚のリフォームは数万円以内でできます。

トイレリフォームは水回りのリフォームの中で最も費用差が少ないリフォームです。
タンクレストイレなどの人気のグレードは20万円台でリフォームできます。
機能性を重視したよりハイスペックなトイレですと30万円以上かかるケースがあります。

□水回りに共通する2つの注意点をご紹介!

1つ目は実物を見ずに決めると後悔することです。
数十万円以上の高額な商品で、この先おそらくずっと使うものですのでカタログだけで決めず、実物をみましょう。

2つ目は、劣化度合いは見た目ではわからないことです。
一般的に10年から25年でリフォームが必要といわれています。

しかし、水回りは劣化度が見た目に出にくいため、まだ大丈夫と感じてしまいリフォームに踏み切れない方が大勢いらっしゃいます。
水回りは内側から水漏れが進行するケースが多いので見た目だけで判断せず、10年から25年以内に1度リフォームしましょう。

□まとめ

今回は水回りのリフォームの相場と水回りのリフォームの注意点を紹介しました。
リフォームで何かお困りごとがある際はぜひ当社へお気軽にお問い合わせください。
当社のスタッフが全力でサポートします。