収納リフォームにかかる費用と大切なポイントをご紹介します!

「収納リフォームを検討しているけれど、どのくらいの費用がかかるのだろう」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
事前に様々な情報を把握したうえでリフォームしたいですよね。
そこで今回は、収納を増やすリフォームにかかる費用と大切なポイントをご紹介します。

□収納リフォームにかかる費用とは?

まずは、収納を増やすリフォームに費用について解説していきます。
いくつかの代表的なリフォームについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

1つ目は、壁面収納です。
床から天井までの空間を無駄なく活用して収納スペースを確保できます。
一般的な費用としては、収納幅が2メートル程度で30万円から40万円、3.6メートル程度で46万円から60万円となっています。
ただし、どのくらいのサイズの収納を設置するか、使用する材料によって大きく変わります。

2つ目は、ウォークインクローゼットです。
これは、クローゼットを1つの部屋に独立させたスタイルの収納です。
一部屋をウォークインクローゼットにする場合は35万円から49万円ほどかかります。
一部屋全体をリフォームするので、状況によってリフォーム費用は大きく異なります。

3つ目は、階段下の空きスペースを活用した収納です。
階段にある設備を撤去する、新しく作ったスペースに棚などを設置するかどうかで費用は変わってきます。
一般的には7.5万円から10万円ほどと考えておくと良いでしょう。

□収納リフォームで大切なポイントをご紹介!

ここからは、収納リフォームをする際に大切なことをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

まずは、収納の目的を明確にすることです。
収納を設ける場所によって収納の目的は異なるはずです。
例えば、リビングは家族みんなが集まり、共有で使用するものが多くなるため、全員が使いやすくするための設計が必要です。
このように、どの部屋にどのようなものを収納したいのかを明確にし、収納リフォームを行いましょう。

また、デメリットを理解しておくことも大切です。
例えば、便利な壁面収納には圧迫感が出てしまう、家具よりもコストがかかる可能性があるなどのデメリットがあります。
収納リフォームにはメリットだけでなく、場合によってはデメリットもあることを知っておくと良いでしょう。

□まとめ

この記事では、収納を増やすリフォームにかかる費用と大切なポイントをご紹介しました。
どのようなポイントに気をつければ良いのかおわかりいただけたと思います。
当社は羽曳野市、松原市、藤井寺市周辺で家づくりを行っております。
リフォームに興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。