住みながらリフォームは可能?大規模リフォーム時の選択肢についても解説します!

今お住まいの家をリフォームしようとお考えの方も多いのではないでしょうか。
リフォーム中の生活といえば、「住みながらリフォーム」と「仮住まい」の選択肢があります。
実際、住みながらリフォームをすることは可能なのでしょうか。
今回は、「住みながらリフォーム」について詳しく解説します。

□住みながらのリフォームは可能?

住みながらのリフォームはリフォームの規模にもよりますが、可能です。
例えば、トイレ、浴室、キッチンだけの小規模な部分リフォームだと期間も一週間程度と短いため、住みながらリフォームできます。

しかし、間取り変更や工事範囲が広い大規模なリフォームとなると、住みながらリフォームは難しくなってきます。
住みながらに適している場合とそうでない場合があることに注意しましょう。

住みながらのリフォームは、引越しの手間がかからないという面がありますが、通常通りに生活することはできず、多少の不便はあります。
多少の不便を気にしないという方には住みながらのリフォームも問題ないでしょう。

また、家族がいると自分以外の事情も関わってくるため、家族と考えが一致していて協力的であることが必要です。
他人に気を遣い過ぎてしまう方は住みながらリフォームは難しいでしょう。
工事期間中は常に人が出入りするため、リラックスできずストレスを感じてしまうかもしれません。

他にも、家族に受験生がいる場合も負担が大きくなってしまうため、受験の時期は避けた方が良いでしょう。

□仮住まいの選択肢は?4つ紹介します!

1つ目はホテルです。
リフォームの工事期間が数日の場合は手間や負担も少ないため、ホテルがおすすめです。
しかし、休日や行楽の時期は、価格が上がったり予約が取れなかったりするため、事前に確認し早めに予約しておきましょう。

2つ目はウィークリーマンションやマンスリーマンションです。
大規模なリフォームで工事期間が数週間や数ヶ月程度かかる場合は、ウィークリーマンションやマンスリーマンションが選択肢の1つです。
初期費用も低く、家具などもある程度備わっているため引越しも身軽です。

しかし、単身用のマンションが多いため、ファミリーで借りる場合は複数部屋を借りるなどの工夫が必要になります。

3つ目は、短期の賃貸物件です。
賃貸物件も大規模なリフォームで数ヶ月かかる場合の選択肢の1つです。
物件数も多く、選択肢が広がります。
しかし、このような賃貸物件は敷金、礼金、仲介手数料、引越し費用などが必要になり、コスト面での負担が大きくなってしまいます。

4つ目は、親戚宅や知人宅です。
小規模なリフォームで工事期間が数日である場合の選択肢の1つです。
手間も少なく、コスト面でも大幅にカットできます。
しかし、負担をかけてしまうため配慮が必要となってきます。

□まとめ

今回は住みながらのリフォームや仮住まいの選択肢について解説しました。
この記事を参考にリフォーム計画を立て、リフォーム期間も快適に過ごしましょう。
リフォーム中の住まいについて悩んでいる方はぜひ当社にご相談ください。