リフォームを行うタイミングとは?気をつけるべきこともご紹介します!

「リフォームしたいけど、いつしたら良いのかわからない」とお悩みではありませんでしょうか。
高価な買い物だけに、いつリフォームしたら良いのか悩みますよね。
そこで今回はリフォームするタイミングと、注意すべきポイントについてご説明します。

□築年数ごとに必要なリフォームについてご紹介!

メンテナンスが必要な時期を把握しておくことで効率的にリフォームに備えて準備できます。
築5年〜10年の家では、小型給湯器や浴室のドア、天井や室内の壁などのちょっとした汚れや欠損が気になります。
そのまま使えるケースが多いですが、早めにメンテナンスすることで、お住まいの寿命を伸ばせます。

木造住宅の場合では、防蟻処理も5年〜10年のサイクルで行うことでもお住まいの寿命を伸ばせます。
築10年〜15年では、水回りに不具合が起こり始めるタイミングです。
水回りは使用頻度が多いので、劣化が早いのですぐに修繕しましょう。
また、雨樋や外壁の亀裂なども発見したらすぐに修繕することをおすすめします。

築20年〜25年を越えたあたりから、最初の大規模修繕期間です。
見えない部分が老朽化してきます。
木造住宅では、シロアリにも注意しておきましょう。

さらに築25年〜30年になってくると構造にも違いはありますが、増改築ほどのリフォームが必要になる場合が多くなります。
また、お子様が社会人になったり、2世帯住宅にしたりといったライフスタイルの変化に応じて、間取りを変更するのも良いでしょう。

築年数に応じて、必要なメンテナンス内容を理解しておくと効率よく修繕できるでしょう。

□リフォームで注意すべきポイントについてご紹介!

リフォームしたいからといって、将来のことを考えずにリフォームすると、後悔する可能性が高くなります。
後悔しないようにするには、初めにお客様のお住まいが、今どのような状態なのかを知ることが重要です。
リフォーム業者さんにお願いして、専門的な目線から現状を把握することも大切です。
それだけでなく、その家に住んでいる当事者として、お客様が普段どのような不具合を感じていたかも把握しておきましょう。

また、どのような施工ができて、どのような施工ができないのかも理解しておきましょう。
特にマンションの場合は、管理規約によってもできることが大きく変わるのでしっかり確認しておくことが大切です。
さらに、理想を実現することも大切ですが、実際必要なリフォームが何なのかについて家を守るために知っておくと良いでしょう。

最新機能を取り入れても、実際はあまり使わないという場合もあります。
本当に必要なものだけを取り入れ費用も削減していきましょう。

□まとめ

今回はリフォームするタイミングと、リフォームで注意すべきことについてご説明しました。
お金がかかることなので、後悔したくないですよね。
ぜひ、今回の記事を参考に、後悔のない素敵なお住まいを手に入れてください。