リフォームの流れとは?進め方について詳しくご紹介します!

「リフォームを検討しているが、どのように進めたらいいのかわからず不安」
このように、はじめてリフォームをご検討している方のほとんどがリフォームの流れについて不安や疑問を抱えているのではないでしょうか。
今回は、リフォームの基本的な流れと進め方を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

□リフォームの流れ・進め方

リフォームの流れは大きく以下になります。

・情報収集
・イメージを膨らませる
・資金計画
・リフォーム会社探し
・現地調査、お打ち合わせ
・プラン作成、お見積もり
・ご契約
・工事開始
・完成、引き渡し

まず、リフォームしたい箇所をどのような新しい状態にしたいのか、情報収集してイメージを膨らませます。
その際に、いま何に不満を感じているからリフォームしようとしているのか、を基準にイメージすると良いでしょう。
例えば、キッチンの使い勝手が悪いのであれば、具体的になにがどう使い勝手が悪いのかを考えます。
収納スペースが少なくて、リビングまでいちいちストックを取りに行かなくてはならないという不満であれば、収納スペースを確保するためのリフォームが必要です。

どこをどのようにしたいのかイメージができたら、次に資金計画を立てます。
どれだけの予算がリフォームに充てられるのかを慎重に計算しましょう。

「リフォーム予算=手元資金 −(老後資金+大きな出費+当面の生活費)」

上記で十分にリフォームに必要な予算が確保できるのであれば良いのですが、難しい場合はリフォームローンを使うことになります。
リフォームローンは住宅ローンとは違い、金利が高い特徴があります。
ただし、現在住宅ローンを利用中の場合のリフォームであれば、金融機関によっては金利を優遇してくれるケースもあります。

次に、リフォーム会社を探して、現地調査やお打ち合わせを行います。
お打ち合わせを通して、お客様のご要望をしっかりヒアリングさせていただきます。
このときに、こうしたい!というイメージ写真なども用意してあると、コミュニケーションがスムーズになります。

とはいえ、お打ち合わせだけでは希望のリフォームは実現可能なのか、どれくらいの費用になるのかが明確には分かりません。
そこで現地調査をすることで、お客様からの要望をしっかりと反映させたプランを作成できます。

プランとお見積書の作成をして再度詳細にお打ち合わせをいたします。
内容に納得いただけましたら、ご契約となります。
お客様の資金・ローン計画のお手伝いもさせていただきますので、ご安心ください。

□まとめ

今回は、リフォームの流れ・進め方をご紹介しました。
当社ではお客様に安心してご依頼いただけるよう、しっかりご要望をヒアリングさせていただきます。
また、工事後のアフターメンテナンスも充実しておりますので、まずはお気軽にご要望をお聞かせください。