フルリフォームを行う際は仮住まいが必要かについて解説します!

「フルリフォームをする際、仮住まいは必要なのか。」
このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
フルリフォームとなると、ほとんどのケースで仮住まいが必要になります。

そこで今回は、仮住まいに必要な手続きについて、また、仮住まいが可能な場所について解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

□仮住まいに必要な手続きと必要でない手続きについて

仮住まいに必要な手続きと必要でない手続きについて、皆さんはご存じでしょうか。
「仮住まいを考えているけど何をすれば良いかわからない」という方は多いと思います。
そこでこちらでは、仮住まいに必要な手続きと必要ない手続きをご紹介します。

まずは必要な手続きについてです。

1.ガス、水道、電気の使用停止手続き
仮住まい中、電気、ガス、水道の基本料金の発生を防ぐために使用停止の手続きが必要です。

しかし、施工会社が、電気、ガス、水道を必要とする場合があるので、手続きをする前に確認をしておきましょう。

2.固定電話の移設、利用休止または一時休止の手続き
固定電話を使用したい場合は、移設の手続きが必要です。
使用しない場合は、利用休止または一時休止の手続きをしましょう。

3.郵送物の転送手続き
転送手続きをすることで、仮住まい先で郵便物を受け取れます。

4.インターネット回線の移転手続き
仮住まい先に移転、移転手続きができない場合は、利用停止手続きをしましょう。

続いては不要な手続きについてです。
免許証、携帯電話、クレジットカード、銀行の住所変更は必要ありません。

以上が、仮住まいに必要な手続きと必要でない手続きについてでした

□仮住まいが可能な場所について

上記では、仮住まいに必要な手続きと必要でない手続きについてご紹介しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
続いて、仮住まいが可能な場所についてご紹介します。

仮住まい先の候補として、マンスリーマンション、ウィークリーマンション、ホテル、
賃貸住宅、UR賃貸住宅が挙げられます。
皆さんの好みで自由に選べます。

仮住まいといっても、数ヶ月の間生活をしなければならないので、費用や、立地をしっかり考えて選ぶことがお勧めです。

以上が、仮住まいが可能な場所についてでした。

□まとめ

今回は、仮住まいをご検討の方に向けて、仮住まいをするために必要な手続きについて、また、仮住まいができる場所について解説しました。
今回の情報をぜひ活用してみてくださいね。
ご不明な点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。