フルリフォームのメリットとデメリットについて解説します!

「フルリフォームってなに」
「フルリフォームのメリットデメリットについて知りたい」
フルリフォームをご検討している方でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は上記のお悩みを解消する情報をお届けします。

□フルリフォームについて

皆さんは、フルリフォームとは何かご存じでしょうか。
聞いたことはあるけど、詳しいことはわからないという方は多いのではないでしょうか。
そこでまず、フルリフォームとは一体何か解説します。

フルリフォームとは、骨組みだけの状態に解体し、大規模なリフォームすることを指します。

いくつか種類はありますが、部分的なリフォームとは違い、大きな工事が必要となるので、費用や時間がかかります。
そのため、念入りに計画を立てて行わなければなりません。

□フルリフォームのメリットデメリットについて

上記では、フルリフォームとは何なのかについて解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
続いて、フルリフォームのメリットとデメリットについてご紹介します。

1つ目のメリットは、建て替えよりも工事期間が短いことです。
建て替えの場合、4〜6ヶ月かかるところリフォームの場合は、1〜3ヶ月で完了することも少なくありません。
できるだけ工事期間を短く済ませたいとお考えの方も多いでしょう。
建て替えるよりは、フルリフォームの方がすぐに終わるのです。

2つ目のメリットは、断熱性能や耐震性を強化できることです。
広範囲で工事が可能なフルリフォームでは、断熱性能や耐震性の強化も期待できます。

3つ目のメリットは、必要なところだけ修復できることです。
リフォームでは、建て替えとは異なり、直したいところだけ修復できます。
フルリフォームの場合であっても、骨組みは残した状態で修復できます。

続いてはデメリットについてです。

1つ目のデメリットは、間取りの変更ができない場合があることです。
骨組みは残っているため、どうしても限界があるのです。

2つ目はリフォームローンの金利が高めということです。
住宅ローンの金利が、0.5から2.5パーセントのところ、リフォームローンの金利は2.5から4.5パーセント程度となり、高めです。

以上が、フルリフォームのメリットデメリットについてでした。

□まとめ

今回は、フルリフォームをご検討している方向けに、フルリフォームについて、フルリフォームのメリットデメリットについての2点を解説しました。
当初の疑問が解消されたのではないでしょうか。
今回の情報をぜひ活用してみてくださいね。
ご不明な点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。